トレーニングジムで10年間使った衝撃吸収マット。

自分が行っているジムでは高重量のダンベルを使う時には「衝撃吸収マットを使って下さい」という張り紙がしてあります。

例えば30kgのダンベルベンチプレスをしていて最後の一回が上がった後、その30kgのダンベルを思いっきり床に落とすと、その衝撃でシャフトが曲がることがありますし、床もダンベルも傷みます。

ジム内でこのマットを使っている人は結構いますが、そのほとんどの人はダンベルベンチプレスの時に使っています。この運動ですね。

ベンチの両横にこの衝撃吸収マットを置いてダンベルベンチプレスをやります。最後の一回が上がった後に床の上に落としますが、このマットのおかげで床が保護されます。

このマットがあるとやっぱり安心感が違いますね。結構ドスンとみんな置いてます。
そういった使い方をしてだいたい10年ぐらいこのマットを使っているとこんな形で両側が上に上がってひわっていくんですね。

このマットはネット上でも広く販売されている極めて一般的なマットで、別にこのマットの質が悪いということでありません。さすがにジムで10年間も使うとこんな感じで変形するということです。

家でダンベルのトレーニングをしている人は多くいると思いますが、個人的に一人で使ってこんな感じに変わることはほとんどないでしょう。あくまでも過度に使い過ぎた場合こうなると言うだけです。

やはりダンベルである程度の重さを扱う場合、床の保護のためにはこういったマットが必要です。特に家の床が木製であった場合は必ずこういったものを敷いた方がいいですね。

トレーニング用品を販売しているサイトでこういったタイプの厚いマットを売っています
自分が行っているジムで衝撃吸収マットとして使われているのはこのタイプです。

リバーシブルジョイントマット2.0

サブコンテンツ

このページの先頭へ