低カロリーで糖質も少ない。グルテンも含まないこんにゃくパスタ。

こんにゃく麺は様々な形で販売されていますが、どうも味がイマイチという商品が多いようです。消費者の感想では、やはりこんにゃくの匂いがするとか、もちもち感がなく食べるとブチブチ切れるような感じでパスタという感じがしないとか、糸こんにゃくとあまり変わらなかったとかそういった感想を持っている人も多いようです。

ですがこちらの快適空間222のこんにゃくパスタ(スパゲティ)はそれらの欠点を克服しました。

食べる際に重要な要素である食感であり、口の中で噛むと簡単にちぎれてしまう糸こんにゃくとしっかりと噛み応えがあってコシのあるパスタでは食べた感じがまるで違います。

普通のパスタに弾力を与えているのは、グルテンという成分です。

一般的なパスタの原材料は小麦です。小麦に水を加えてこねるとグルテンという物質が発生します。

グルテンはおいしさのもととも言われ、食べ物に弾力を与える効果があります。パスタやパン、麺類などのモチっとした食感はグルテンが含まれているおかげなのです。

ですがその反面、グルテンにアレルギー反応を起こす人もいます。人によってはアトピーや喘息、頭痛や肌荒れなどの症状が出ることがあります。体質的に小麦に合わない人もいるということです。そういったことからグルテンは悪者にされがちですが、食べ物を美味しくするという面からは、やはりグルテンは貴重な存在でもあります。

ですがこちらのこんにゃくパスタはグルテンが使われていません。グルテンフリーです。

グルテンを使わずに、普通のパスタのようなもちもちした食感を実現しています。 これだけでも大変なことです。

そして気になるカロリーですが、このこんにゃくパスタは3種類の味が発売されておりカロリーはそれぞれ

トマトソース 70kcal
明太子ソース 171kcal
カルボナーラソース 179kcal 

となっています。

一番カロリーの少ないトマトソースのこんにゃくパスタは糖質も9.7gです。 このこんにゃくパスタで一食置き換えると相当なカロリーダウンをすることができます。

食べる時には袋から出してお皿に開け、ラップをして電子レンジにかけるだけです。普通のパスタの様にお湯で茹でる必要はありません。
そして出来上がったパスタにソースをかければ出来上がりです。 賞味期間は商品到着後1か月ぐらいです。

極めて簡単な置き換えダイエット食品となってくれます。

こんにゃくパスタ

サブコンテンツ

このページの先頭へ