筋トレマニュアル・50代で筋肉質な体になる筋トレ法 自宅編。

50代になって何年も経つと体の衰えを自覚するようになります。階段で2階まで上がるのもしんどいと感じるようになってきたり、やたらと疲れやすくなってきたりします。

そして体型も肩が落ちてきたような感じで腕も細くなり、お腹が出てきます。会社の健康診断でも悪い数字が出る項目がちらほらとあります。

運動の重要性は認識していてもジムに入会してまで運動しようという気にはなりません。ですが何か体を動かさなくては、トレーニングしなくては、という気持ちだけはあります。

トレーニングはやる気さえあれば自宅で一人ですることもできますが、これまでトレーニングの経験のない人であれば、実際一人で行ってみようにもどんな事をすればいいのかよく分かりません。
思いつくのは腹筋と腕立てと歩くことぐらいです。

そんな時に非常に参考になるのがこちらの

50代で筋肉質な体になる筋トレ法 自宅編

です。

あまり運動の経験のない人でしたらジムに入会するのも結構勇気が必要ですね。軽い重さしか上げられない自分のトレーニングを見られるのが恥ずかしいとか、すごくごつい強い人がいるんじゃないかとか色々と考えてしまいます。

ですがこういった、自宅でできる講座の DVD があれば、誰に見られることもなく一人でトレーニングをすることができます。

必要なものはダンベルだけで、一セット片方10 kg の重さで十分です。できれば、鉄アレイのような一体型ではなくて、プレートの付け替えができる、重量が変えられるダンベルが理想です。

フラットベンチは必要ありません。そしてスペースは畳2畳分のスペースが確保できていれば、大丈夫です。

果たして50代でトレーニングを始めても効果はあるのかどうか不安かも知れませんが、トレーニングはいくつになっても体に影響を与えます。100歳でもトレーニングによって筋肉が大きくなったという実験結果もあるといいます。

トレーニングの期間は9週間を目処にメニューが組み立てられています。筋肉の衰退の激しい三つの部位を重点的に鍛えていきます。

またトレーニングだけではなく、行なったトレーニングの効果をより向上させる食べ物や睡眠についても解説されています。

自宅でこっそりと誰に見られるというわけではなく、体型の変化を目指してみませんか。鏡を見て進化が感じられるようになれば、ますますやる気にもなるでしょう。50代で筋トレを始めるというのは決して遅くはないのです。

50代で筋肉質な体になる筋トレ法 自宅編

サブコンテンツ

このページの先頭へ