500ウォン詐欺。

スーツを着た、50才前後の男のお客を乗せた。

目的地に着いて

「ありがとうございました。恐れ入ります。870円ほどよろしいでしょうか。」

と言うと、そのお客は、小銭をバラバラと広げて支払った。

だが、その中に見慣れない硬貨が一つあった。

大きさは500円玉とほとんど同じなのだが、鳥の絵が描(か)いてある。
(さらに…)

これってストーカーの手伝いかも?

夜の22時頃、とあるアパートへ、お客さんを迎えに行った。乗ってきたのは30代くらいの男。行き先は、飲み屋街の有料駐車場。
(さらに…)

山の中にぽつんと一台停まっている不気味なタクシーを発見。

夜の2時ごろ、男のお客を乗せて山の中を走っていた。

この山道は数kmに渡って家が全くない。間に小さな食堂が一軒営業しているが、それだけで、バス停もほとんどないような道である。
(さらに…)

お客と運転手と、どちらが悪質なのか。

とある、いかにもヤンキーのような男のお客を乗せた。話をしてみると別に自分に対しては、別に偉そうなことをいうでもなく普通に話す人だった。

これはそのお客がしてくれた話。
(さらに…)

カップラーメン。やっぱりひっくり返した。

冬のある日、無線配車で、繁華街のコンビニに当たった。コンビニの前に着いて待っていたら、乗ってきたのは20代くらいの一人の女。

両手でカップラーメンを持っている。

コンビニでお湯を入れてもらって、タクシーの中でカップラーメンを食べる人は時々いる。
(さらに…)

1 / 3712345...102030...最後 »
サブコンテンツ

このページの先頭へ